酸洗いとは?酸洗いの持つメリットとデメリット


酸洗いとはどういう物?

酸洗いとは金属加工の塗装前、または最後に行われる洗浄工程で、溶接や成形加工の済んだ金属製品を酸の溶液に浸すことで汚れなどを溶かして落とす洗浄方法になります。浸すだけなので容器と溶液、浸すものを入れるための吊り下げクレーンなどさえあれば精密な機械などが不要なので工程も単純でコストも比較的安いので機械加工の現場の多くで行われている工程です。溶接や研削加工を行う上で表面には無数の焦げや煤などの黒い汚れや油が付着しており、このままでは塗装が非常に剥がれやすくなってしまうため、塗装前にこの工程を挟むことで金属表面の不純物一切を取り除き、塗料の定着をより強固にさせる目的で行われています。

酸洗いを行うことのメリットとデメリット

酸洗いを行うメリットとしてまず浮かび上がるのは、ステンレスが錆びないように不動態皮膜を均一に形成させる点です。ステンレスが錆びない理由は、ステンレスに含まれるクロムが空気と触れて参加することで不動態皮膜を形成し、その皮膜がコーティングの役割を果たすことで空気中の湿気などから守られて錆びなくなるというものです。ステンレスの表面が汚れているとこの酸化による皮膜形成が上手く行われないので、酸洗いによって表面を綺麗に洗浄することで全体に均一な不動態皮膜を張ることが出来ます。また酸洗いは研磨などと違って製品に力が加わらない洗浄になるので、イヤリングやアクセサリーといった比較的脆いものも形を崩さずに洗うことが出来ます。

しかし注意も必要で、当然ながら金属製品以外のパーツが付いていると酸が溶かしてしまうこと。また製品に細かい隙間があるとそこにさんの溶液が残って後々汚れとして染み出すケースがあるので注意が必要です。

酸洗いとは薬品の入った槽に製品を浸す洗い方のことです。取り出した後は水で洗い、圧力洗浄などの後処理をします。塩酸、硫酸など様々な薬品を目的によって使い分けています。