CADって何?どんな利点があるのかを紹介していきます


CADとはどういったものか

CADとは、コンピューターを使って設計することや設計するためのソフトやシステムなどのことを指す言葉です。CADの登場以前、製図は手で書くのが当たり前でした。しかし、CADが登場したことにより、製図をコンピューター上で行うことが可能となりました。結果的に製図を書くことへのハードルが大きく下がっており、少し練習するだけで書けるようになります。

CADの利点ってどんなこと?

CADの利点の1つは基本的に誰でも簡単に扱えることです。製図をする際には全ての線が金一な太さで書く必要があります。手書きの場合は筆圧などにより太さが変わってしまうので、よほど慣れている方でないと正確な図を描けないという問題がありました。しかし、CADの場合は線分というコマンドを選ぶだけで均一な線を引くことが出来ます。また、ミスの修正がしやすいこともメリットです。手書きの製図においてはミスをした時に線を1本だけ消すのは難しく、その周辺までも消してしまうことが多くありました。CADの場合は任意の線だけを消すことが出来るので、ミスをしてもすぐに修正できます。

CADで書かれた図はデータとして保存できるので複製や照合も円滑に行えます。必要であればインターネット上にアップし、多くの方が見やすい状況を作ることが出来ます。このようにCADにはたくさんのメリットがあるので幅広い企業が導入することを選択しています。ソフトとしての特徴も基本的にシンプルなので使いこなせるまでにそれほど時間はかかりません。

水道CADは、水回りの工事を専門に請け負っている工務店を中心に普及し始めており、蛇口や排水管などを立体的に捉える際に役立ちます。