心療内科の選び方は?自分に合ったクリニックを探そう


タイミングを逃さずに受診してみよう

心療内科というと、何となくハードルが高いというイメージはありませんか?でも「心が疲れきってしまったので、立ち直るためのアドバイスが欲しい」などという感覚で受診することも十分可能です。ストレスを感じてどうしても自分の気持ちを立て直せない時、特にストレスはないのに何かをする意欲が湧かない時、そんな時が心療内科を受診すべきタイミングだといえるでしょう。

精神科ではおもに精神障害の治療を扱いますが、心療内科はストレス等が原因で身体に不調があらわれた場合などの治療が中心になります。そのため、内科等で症状を訴えても特に異常がないと診断されたケースなどは、一度心療内科を受診してみると良いでしょう。

薬物治療と心理療法、両方行うクリニックがおすすめ!

心療内科では週1回ほどの通院を続けることが多いです。そのため、会社や家からの距離が近く通いやすい場所であることが重要になります。また、薬による治療だけでなく、認知行動療法や精神分析などの心理療法や磁気刺激療法などを並行して行ってくれるクリニックがおすすめです。薬には副作用もあるので、薬物療法に頼りすぎる治療では患者への負担が重くなるケースもあります。臨床心理士がいるクリニックでしたらカウンセリングもしてもらえるので安心でしょう。

診察の際には「今何がつらいのか」「つらくなったきっかけに思い当たるものはあるか」などを聞かれます。緊張感から思うように伝えられない場合も多いので、あらかじめメモなどにまとめておくと良いでしょう。

新宿の心療内科は交通の便が多い分、駅近くなどアクセスしやすい立地の病院が多いのが行きやすいメリットです。